心屋【後者】

【後者の生き方】強い劣等感の裏には「優越感大好きー!」がある

劣等感の裏には優越感がある、のアイキャッチ

こんにちは、かなえ(@kanaelife0515)です( ・∀・)ノ

突然ですが、私は昔から劣等感がすごいありました。

人と同じにできない。普通にできない。

でも、それは後者の特徴だった!

https://kanaelife.com/kokoroya-kousha

私と同じように劣等感に苦しんでいる人が少しでも楽になれるように書きました。

強い劣等感のために優越感がほしかった

仁さんが言うところの私は後者。

世の中は前者を求めているので、後者である私は同じようにできなかった。

その同じようにできないことが、積み重なって、山のような劣等感が出来上がりました。

でも、劣等感って苦しい。

「私はこのままでいい」「私の方が勝ってる!」

これを感じたくて、

人のこと勝手に見下して、自分の勝てるポイントを必死に探してた。

そう、優越感を感じたいために、勝手に人のこと見下してたの!

いや~、これに気づいた時は本当愕然。

優越感については、藤本さきこさんのこちら↓の記事がとっても分かりやすい。

この記事も、初めて読んだわけではないんですよ。

だけど、その時は直視したくなくて、気づきたくなかったから、飛ばし読みしていたんでしょうね。

ここは負けてるけど、あそこは勝ってるから大丈夫~!ドヤ

自分が勝てるポイントを勝手に探して、勝手に見下してた。

自分が勝手に見下してて、人もそうしていると思うから、人目につくことがすごい怖かった。

これって結局、終わらない「勝ち負け」のループなんですよ。

ある時は勝ち、ある時は負ける。

勝ち負けを決めているのも、自分の勝手な思い込みからなんですけどね。


優越感を感じたいから、人の役に立ちたかった

優越感を感じる方法は、勝手に見下す以外にも、「人の役にたつ」がありました。

まあ、勝手に見下すよりは、人のために何かをすることは全然いいわけですが。

でもこれ、優越感は感じられるかもしれないけど、

自分が満たされていないと疲弊する。

人のために何かをすることはもちろん素晴らしい。

だけど、

自分のコップが満たされていないのに、人のためにばかり行動すると自分がすりへる。

上の図のように、コップが満たされていてあふれた分を誰かのために使うのはいいけど、

満たされていないのに、誰かのために使ったら容量がへって、足りない、欠乏感が出てしまう。

欠乏感についてはこちら。

https://kanaelife.com/eat-dont-fulfill

一時期、誰かの役に立ちたくて色々していたことを私はいったん全部やめました。

器用なことはできないから。

自分満たしに集中することで、疲弊感はなくなりましたよ。


劣等感から抜け出すためには、優越感も感じないこと

上に見るか、下に見るかの図結局、劣等感と優越感はセットなんですよ。

上に見るか、下に見るかの違い。

  • 劣等感は相手を上に見て感じるもの
  • 優越感は相手を下に見て感じるもの

どちらにしても結局、対等ではない。

さきこさんも言うとおり、「勝ち負けの世界」にいる限り、結局はどっちかに振れるだけの話。

で、これ振られるのがまー、疲れる!!

というか、

私が今までこんなにつらかったのって「勝ち負けの世界」にいたから

なんですよね!

劣等感を感じないようにしたいなら、優越感を感じることもやめること。

私はここはだいぶ絶望しましたよ!

自分すら気づかないくらい自然に、勝手に見下して

ふふん‼🎵🎵🎵

ってしてた・・・。

「あー、気持ちいいー!」ってね。


劣等感の強い後者はできない自分を認められない

山のようにあった劣等感のため、私はできない自分を認めることができませんでした。

「ここは負けてるけど、あそこは勝ってるもん!」

「本気だしたらこんなもんじゃないもん!!」

本気だしたら、って思ってても本気は出さないんですけどね!

本気も出さない、やりもしないで、人のことだけ見下して。

だって、行動したら失敗する可能性がある。

ただでさえ劣等感バリバリなんだから、これ以上屈辱や悔しさ、恥ずかしさを感じたくない。

悔しい気持ちとかってただ感じるだけなら、

「悔しかったー!」以上!のはずなんですよ。

でも、私の場合は、

悔しい!私ができなかったから、私が〇〇だから・・・

結局自分を責める。

だから、余計苦しい。

対等の世界にいくと決める

結局この苦しみから抜けるためには、劣等感も優越感も感じないこと。

「勝ち負けの世界」を抜け、「対等の世界」にいくと決めること

なんですよ。

好きなことしているはずなのに、不安だったり、すっごく疲れる。

ご自愛しているはずなのに、不安だったり、すっごく疲れる。

こんな人はそもそものベースが「勝ち負けの世界」である可能性があります。

そのベースでご自愛しても、結局は勝ち負けの臨戦態勢だから、不安はぬぐえない。

100%安心なんてできないんですよ。

勝たなくていい。負けなくていい。

「安心して毎日暮らしたい」っていうのが私の最大の願いです。

さいごに

「対等の世界」にいくと決めてから、まだ日が浅いので、これからも

「勝ち負けの世界」でやっていたことが出てくると思うんです。

そんな時は、華麗にスルーして、「こんな楽しみ方してたな」でいいんですって。

私も設定変更についてはまだまだ。また書いていきますね。

ABOUT ME
kanae
かなえ。アラフォー主婦。猫をこよなく愛し、夫と2匹の猫と暮らす。 横浜在住。食べることと料理が大好き。日常を好きで埋め尽くすために、日々自分と向き合っています。フリーランスで生活するためにブログを頑張り中♪ アマゾンほしいものリストはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です