猫との暮らし

猫は寒暖差に弱い。温度差に注意しよう。

猫は寒暖差に弱い

猫が寒暖差に弱いのは知っていますか?

こんにちは、かなえです🎀

猫は季節の変わり目に体調を崩しやすい。

暖かくなってくると、朝晩の寒暖差が出てきます。

猫はこれに弱い!

高齢猫なら、これだけで体調崩してそのまま亡くなるケースもあります。

できるだけ寒暖差をなくすために工夫してあげてください。

*2021年2月の記事を加筆・修正して再アップ!

猫の場合、寒暖差が命に関わることも

季節の変わり目には寒暖差が大きくなる。

人でも季節の変わり目に体調を崩す方は多いですよね。

猫、特に高齢の猫にとっては、季節の変わり目は要注意の季節。

猫は寒がり!冬を快適に元気に過ごしてもらう方法。猫はとっても寒がり。人より寒がりです。 こんにちは、羽山香苗です🎀 寒さが苦手な猫にとって、冬の過ごし方は大切。 ...

私は10匹くらいの猫を見送っているけど

季節の変わり目に体調を崩し、亡くなる子がそれなりにいた。

寒暖差というのは、身体にとってストレスです。

ストレスによって免疫力は下がる。

なんのケアもしなければ、何かしら体調に異変があってもおかしくありません。

慢性腎不全の子なら、口内炎がひどくなることもあり得る。

口腔内の健康はとても大事なのでまた別記事にしますが

身体は食べたいのに

口内炎で食べられなくてそのまま衰弱なんて悲しすぎる。

小さい猫にとって、寒暖差は命に関わることもある。

寒暖差をなくすポイント【環境】

まず、物理的に寒暖差をなくすことから始めましょう。

元々猫は寒さに弱いから、寒くなる時間がなくなるように工夫する。

それにはやっぱり

遠赤外線のヒーターが一番!

触っても安心なので、夜間でもつけっぱなしにできる。

ただ、つけたからってすぐ暖かくはならないので

夕方くらいからつけておいたりするといいです。

宣伝文にあるように、

本当「陽だまりのような温かさ」なんですよ~。

ほんわか、って感じ。

我が家にも実家にも遠赤外線ヒーターはあるのですが

つけてると、だいたい猫が陣取っています。

かなえ
かなえ
近すぎだろ!ってくらい近づいてます

眠る場所がだいたい決まっているなら湯たんぽを入れておくのもおすすめ。
 

これくらいのサイズだと小さいですが、6~8時間くらいは温かい。

あと、冬は乾燥しやすいので、湿度にも注意したい。

高齢猫は脱水もしやすいので、外から乾燥させないことも大切です。

高齢猫がいるなら、秋冬は加湿器必須ですよ。



寒暖差にも負けない身体づくり

物理的環境を整えてあげても、多少はやっぱり身体にも影響はある。

そんな時は、身体の中からアシストしてあげましょう。

まあ、私があげるとしたらこんな感じかな。

  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • プロバイオティクス
  • ダンデライオンで肝・腎サポート
  • ホメオパシーで肝・腎サポート

猫は基本的にビタミンCを作れますが、

ストレス時には足りないこともあるから補給。

ビタミンCといったら、ここではおなじみローズヒップ。

猫にも ビタミンCは 必要
猫もビタミンCが必要。ストレス時にはビタミンCをあげよう。猫が弱い季節を知っていますか? こんにちは、かなえです🎀 かなえ 💎プロフィール 💠メインブログ 猫は季節の変...

亜鉛のサプリは、普段からあげているのでいつもより増やすくらい。

亜鉛はカルノシン亜鉛がおすすめ。アイハーブの方が安いし、上のリンクは割引きもきいているので、利用してみてね。

そして

ストレス時には腸内環境も悪くなりやすいので

プロバイオティクス。

乳酸菌などの菌って

人間でも本当効果があるものって人それぞれなんです。

私はそれは猫にも当てはまると思っているので

プロバイオティクスはとりあえず、良さそうなものを買ってあげてみないとその子にとっていいかはわからない。

とりあえずなら

薬局に売っている「ビオスリー」から始めてみたらいかがでしょう。

乳酸菌系はほんのり甘い味なので、猫は嫌がりません。

ちなみに、抗生物質を出した時に乳酸菌を一緒に出したり

乳酸菌について言及しない獣医はカスだと疑ってみてください。

今の時代、

「抗生物質を使ったら腸内細菌を補う」なんて知ってて当たり前のこと。

医療に携わる人で知らなかったらやばいでしょ!

抗生物質ばかり処方する獣医には気をつけろ
抗生物質ばかり処方する獣医には気をつけろ。動物病院で抗生物質を出されることがありますよね? その時に腸内細菌に関する説明はありましたか? こんにちは、かなえです🎀 ...

あ、あとね

なにかと抗生物質ばかり使う獣医も疑った方いい。

  • 抗生物質
  • ステロイド
  • 非ステロイド性抗炎症薬

この3つは、獣医の三大武器じゃないですか。

どれか出しとけばまあいいだろう、的な。

あとは、ハーブとホメオパシーで肝臓・腎臓のサポートをしたりします。

ハーブならダンデライオン。

ハーブは粉末状のものもあるけど

猫には断然チンキがおすすめ。

ホメオパシーは、前にも紹介したことがある

かんじんかなめセットもいいんじゃないかな。

サポートKは朝
サポートJは夜がおすすめ。

まとめ

お金に余裕があるなら、遠赤外線ヒーターはぜひ買ってあげてください。

あと、サプリは手作りごはんじゃなくてもあげられるから

できるものからぜひぜひ。

ビオスリーは安いし、どこの薬局でも売っていると思いますよ。

関連記事▶︎▶︎▶︎猫が幸せに暮らすために大切にしてほしいこと

サポートのお願い

すべての猫の幸せのために」をモットーに有料級の記事を提供しています。

役に立った!参考になった、という方は応援していただけると大変励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。