ナチュラルケア

猫がなりやすい病気「膀胱炎」の予防法はこれ!

「膀胱炎」を予防しよう

猫がなりやすい病気を知ってますか?

猫は「膀胱炎」や「尿路結石」などの尿の病気になりやすい。

肉食動物である猫は人間と体の構造が大きく違います。

だから、弱い所も違うし、なりやすい病気も違う。

猫がなりやすい病気を理解し、予防に努めて猫の苦しみを少しでも和らげる工夫をしてほしい。

防げるものは防いで、猫も飼い主さんも辛い想いをすることが減ることを願ってます!

この記事のポイント
猫は膀胱炎や尿路結石にかかりやすい。その理由を理解し、手作りごはんなどで予防に努めよう

猫は尿の病気になりやすい

猫は乾燥した砂漠地域の出身なので、水をがぶがぶ飲んで、たくさん尿を出す、という習性がありません。

砂漠は水が少ない。

だから摂取できる水の量も少ない。

その少ない水でも大丈夫なように、尿を濃くし、体外に出す分を少なくするような身体の特徴があります。

たくさん飲んで、じゃんじゃか尿を出す状態だったら、膀胱内に細菌や結晶があっても洗い流されてしまうのでそんなに問題にならない。

元々このような特徴のある猫に、ドライフードをあげることがより水分摂取量を少なくさせ、尿の病気になりやすくなっているのです。

尿関連の病気を「下部尿路疾患」と言い、膀胱炎や尿路結石のことを指します。

左側が頭で、右側がしっぽです。


下部尿路疾患の症状とは

こんな症状があったら、下部尿路疾患(英語でFLUTDと言う)の疑いあり。

  • 頻繁にトイレに行く
  • トイレにいってもあんまり出てない
  • 血尿
  • 排尿時の痛みで鳴く
  • トイレではない所でしちゃう

これらの症状は、膀胱の炎症(膀胱炎)や膀胱中に結石ができること、尿道に結石が詰まることで引き起こされます。

生活の改善方法はこの後書きますが、下部尿路疾患で最も多いのが

原因不明の膀胱炎。

特発性膀胱炎と言います。

尿検査をしても、尿中に結晶や結石が見つからない。

だけど、頻尿、血尿などの症状がある。

特発性膀胱炎の原因の多くは

「ストレス」

猫にもストレスはありますからね。


尿路結石の一般的な対処法

結石にも種類があり、猫で最も多いのが

「ストルバイト結石」

アンモニウム・マグネシウム・リン酸塩が尿中で結晶化したもの。

結晶の成分にマグネシウムがあるから、結石用の療法食は低マグネシウムで尿のphを調整する物質も入っていたりします。

ヒルズの療法食でいったら、c/dとかs/dです。

猫の尿の本来のphは、「弱酸性」

これがアルカリ性に傾き、その状態が継続するとストルバイト結石が形成されやすくなる。

アルカリ性の状態が続くと、細菌も繁殖しやすい。

でも結石の療法食がドライフードっておかしいんですよ。

根本解決にならないし。

いくら成分いじったって結局はドライフード。

猫のために例え手作りごはんがよくたって、それじゃ利益にならない。

フードメーカーとそこからマージンを受け取る獣医師にとって、療法食を売ることは恰好の収入源。

あ、毒舌かなえが出てしまった😗


尿路結石・膀胱炎には水分豊富な手作りごはんが一番

結局、難しいことわからなくても、結石予防には手作りごはんが一番なんですよ。

結石・膀胱炎予防に手作りごはんがいい理由
  1. 手作りごはんは水分量が豊富だから
  2. 肉や卵がメインの手作りごはんなら尿のphが酸性に傾くから

水分摂取量が増えれば、尿量も増えますよね。

尿が増えれば、膀胱内の細菌や結晶も洗い流してくれる。

なかなか排尿されず、長時間膀胱内に結晶があることで結石化が進みやすくなっちゃいます。

手作りごはんは肉だけでも十分な水分を含む。

スープ入りにすればもっと水分がとれる。

栄養バランスよりも水
猫のごはんで大切なのは栄養バランスよりも水手作りごはんで栄養バランスのことを心配する方は多いです。 でもね、栄養バランスなんて崩れてても生物はすぐにどうこうなりません。 ...

そして、肉や卵は尿を酸性に傾けてくれるから、結石が形成されにくい。

対して、ドライフードは安くするために植物性タンパク質が多かったりする。

植物性タンパク質の方が尿をアルカリ化させる。

そう!

だから、肉と水分たっぷりの手作りごはんは結石ができにくい!

ドライフードの出しっぱなしはよくない

結石予防において、ドライフードは最もよくないんですが、ドライフードの出しっぱなしがもっとよくない!

先ほど尿がアルカリに傾くことによって、結石が形成されやすくなるって書きました。

食後は、尿がアルカリに傾くから。

1日に何回も食べることは、何回も尿がアルカリに傾くことになるので、結石が形成されやすくなる。

また、何回も食べることは、消化器にも負担をかけるし、腎臓にも負担をかける。

オス猫の結石には注意しよう

結石ができてしまっても、体外に排泄させるなり、薬か何かしらで溶かせばいいんですが、オスの場合は注意が必要。

オスの場合、尿道がせまく、長いため結石が詰まりやすい。

最悪の場合、死に至ります。

私も20年以上前、まだ手作りごはんも何も知らない頃にオス猫を尿道閉塞による尿毒症で亡くしました。

3~4歳だったと思います。

結石が詰まって、尿道閉塞になると尿が排泄できなくなり、尿毒症を引き起こします。

24~48時間、尿が排泄されないと尿毒症によって死に至る可能性は大きい。

緊急を要するので、頻尿になったらちゃんと時間を見ておいた方がいい。

特に嘔吐したら一刻も早く動物病院に連れていってください。

オス猫を飼っていて、結石の経験があるなら、念のため一番近い夜間動物病院とか調べておいた方がいいですよ。


特発性膀胱炎のケア

あ~書くことありすぎて、長くなる💦

原因不明と言われている特発性膀胱炎の場合でも、やっぱり手作りごはんが一番。

色んな物入れられますからね。

一般的な膀胱炎には「クランベリー」も効果あるって聞きます。

クランベリーに含まれる『キナ酸』は尿を酸性にする働き
があるため、細菌の増殖を抑える効果がある。

商品としておすすめできるのはこちら。

ペット用として売られているクランベリーの商品もあるのですが、他のハーブが入っているのでNG。

ハーブっていうのは決して常用してはならず、ものによってはもっと少ない摂取頻度でないといけないものもある。

エクレクティックのハーブは品質としてとても安心できるしおすすめ。

どうしても肉をあげられないなら、クランベリーを短期間だけ利用するのはあり。

あと、猫にとってのストレスって猫全般嫌がるものとその子特有のものがある。

猫と暮らす上で大切にしたい4つのこと猫との暮らしは幸せたっぷり☀ 猫は私たちの生活に彩りを添えてくれます。 猫のことを知り、お互いにとって幸せな生活を目指しまし...
猫の幸せ
猫が幸せに暮らすために大切にしてほしいことやっぱり私は本当に猫が大好き💖 だから猫にも心地よく暮らしてほしい。 今日は猫に幸せに暮らしてもらうにはどうしたらいいかをお...

これらの記事でも猫の特性を書いていますが、

猫は環境の変化にとても弱い生き物。

  • 家を引っ越した
  • 住人が増えた(赤ちゃんが生まれた、子猫がきたなど)
  • 家具の配置を変えた
  • トイレが汚い
  • 多頭飼いの場合、他の猫との関係悪化
  • 他の猫が病気になったことにより、自分への注目がへったこと
  • 飼い主の負のエネルギー
  • 遊びが少ない
  • 飼い主とのスキンシップが少ない

どの程度ストレスになるかはその子によって違います。

繊細な子もいるし、全然へっちゃらな子もいる。

あ、飼い主の負のエネルギーも猫にとってはストレスですよ。

家の中に常に不機嫌な人がいたら、誰だって嫌ですよね。

猫は人間のエネルギーに敏感です。

我が家は、文句と不満が多い旦那さんの方には猫はあまりいきません。

さいごに

結局やっぱりごはんは、手作りごはんが一番でっせ。

猫が苦しむ姿を見るのは本当につらいです。

だから私はできうる限りの知識を身につけました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です