私の人生

日常にある小さな幸せを認めたくなかった理由。

日常にある小さな幸せ

最近自分が本当に大切にしたいものがわかって、なんか幸せです。

こんにちは、羽山香苗です🎀

「灯台下暗し」って言うのかな、

私が本当に大切にしたいものは、日常生活の中にあったんだな~。

だけど、「日常生活がなにより大事で幸せです!」って言っても

なんか嘘っぽいし、自慢できないって思っていたから認めてなかった!

そりゃ満たされないわけだ!

日常にある幸せを幸せと認めていなかった私

感謝ワークが自分でも驚くほど続いていて、本当に満たされることが増えてきました。

「感謝ワーク」のすすめ。感謝とは存在を認識することである。

それで分かってきたこと。

かなえ
かなえ
あれ?私って結構幸せじゃない?

理想の生活を思い描いてみると、結構今でも叶っているんですよ。

  • 大切な家族と仲良く暮らすこと
  • 豊かな食生活
  • 落ち着ける大好きな家があること
  • 表現ができること

旦那さんとの仲もなかなか良好です。

一緒に暮らしている猫も元気いっぱい。

私自身は稼いでないけど、お金にはそんな困っていない。

引っ越したい思いはあるけど、今の家は好き。

四季の食材を味わいたい、という食生活もできている。

私の日常生活は満たされている。

しかし!

この平凡な日常こそが幸せなんて、認めたくなかった!

なぜなら!

日常の幸せなんて簡単に手に入るし、誰でも持ってるじゃん!

そんなのつまらないし、人から見たってよくわからない。

自慢できないじゃん!ゲロー

いや~、まじで自分の中からこれが出てきた時は、びっくり。

自慢?

「人に幸せ自慢するために」幸せになりたかったんかい!

平凡な日常が幸せなんて、地味だし、つまらないわ。

こんなとこにも人の目が入ってた。

平凡な日常に満足したら、なんかそこまでの人になっちゃいそうで・・・。

こうやって文字にすると、なんだそれ?って感じだけど

本当に思っていたんですよね。

私はもっとすごいんだから!こんな平凡な日常で満足しないわ!

ってな感じ。

「特別意識」も強かった私

ノートタイムカフェでのノートタイムは至福の時間。

私は本当、長い間虚像で生きてきた気がします。

できないこととか、ショボいこと、ダメな所とか全然認められなくてこう思ってた。

私やればできるんだから!本当はすごいんだから!

まあ、この「特別意識」は私の無価値観や劣等感から来ているわけですが。

劣等感
強い劣等感の裏には「優越感大好きー!」があるこんにちは、羽山香苗です( ・∀・)ノ 突然ですが、私は昔から劣等感がすごいありました。 人と同じにできない。普通にできない...

特別意識って要は「承認欲求」なわけですよ。

誰が見てもわかる「すごいこと」が必要だった。

だから、人から見られるわけではない「日常生活」に重きを置いていなかったのです。

今だったら、SNSとかで日常生活でも人に見せて、自慢することはできるけどね。

とにかく誰が見てもわかる「幸せ像」が欲しかった。

少し前に浜崎あゆみのドラマあったじゃないですか。

あれからあゆの歌を結構聞いているんですが、

「appears」って歌にこんな歌詞がある。

恋人たちはとても幸せそうに手をつないで歩いているからね
まるで全てのことがうまくいってるかのように見えるよね
真実はふたりしか知らない

恋人がいること、仕事があること、稼いでいること

どれもそれがあるからって幸せとは限らない。

でも私の目には、やっぱりそう見えたんだよね。

何かを手に入れることが幸せだ、ってずっと思っていた。

独身の時は結婚さえできれば幸せになると思っていた。

結婚して最初の頃は、子供さえできれば幸せになると思っていた。

世間のいわゆる「幸せの形」を手に入れれば幸せなんだとずっとずっと思っていた。



目に見えるものしか見ていなかった

幸せは感じるものじゃんなく、何かを手に入れるとなるもんだと思っていた私。

さきこさんの考えを知ってから、それは変わっていきました。

私は長いこと、「私の幸せ=人から認められた量」だったんだな。

そして、人生ハードモードで刺激中毒な部分もあったから

簡単に手に入る、小さな幸せに満足したくなかった。

目の前にこんなにもたくさんの豊かさがあるのに、

そこは全部無視して、どこにもいない青い鳥を探していたんだな。

日常にある幸せの本質を、私はなんもわかっていなかった。

パートナーがいることも当たり前じゃない
パートナーが元気なことも当たり前じゃない
何事もなく家に帰ってくることも
猫が元気でいることも
食べたいものが作れることも
食材を買うお金があることも
家があることも
 

どれもいっこも当たり前なことなんかじゃなかったんです。

身体の神秘を考えれば、私が元気に生きていることだって奇跡だった。

私は本当に何もわかっていなかった。

平凡と言われる日常生活が当たり前に続くことの幸せを、奇跡を!

目に見えるものしか見ていなかった。

感謝ワークをしたり、マジックのワークをしていると

今まで見えてこなかったことが本当に見えてきます。

感じられる、という方が正しいのかな。

その瞬間に外側の状況は何一つ変わっていなくても、

たくさんの豊かさや幸せを見つけられる。

本当にお勧めです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です