私らくし生きる

本当に欲しいものを認識することの大切さ。

こんにちは、羽山香苗です🎀

最近めっちゃ自分のことを見つめたり、人生において大切にしたいものをじっくり考えたりしています。

それで分かったこと。

私、「日常の豊かさを大切にしたい」って思っているのに、日常をものすごく軽視していたことに気づきました。

全然辻褄あってないし、すでにある豊かさを感じずに、ないことばっかにしてた。

まじで反省。

やっぱり、人生において大切にしたいことをはっきりさせて、そこを大切にすることこそ、心が満たされる。

人生で大切にしたいことは何ですか?

感謝ワークをする中で、私が感謝することって日常のことが多いんです。

  • 私や旦那さんが元気なこと。
  • 旦那さんが働いてくれること。
  • くつろげる家があること。
  • 食べ物を美味しいと感じられること。
  • 食べたいものを食べられること。

私は何よりも

日常の豊かさを大事にしたい。

毎日を丁寧に過ごしたい。

四季を感じ、旬のもの、食べたいものを美味しく食し、

その時期にしか味わえない豊かさを感じること。

大切なもの大切なもの。旦那さんと食べ物と自然。特にぶどうは大好き💕

私は食べ物と自然で四季を感じたい人。

これをしたかったんだな~って今更ながら感じた。

でも、大切にしたいはずの「日常」を私は軽視していることに気づいて愕然としたゲロー

人の目を気にして、キラキラしたものに憧れていたのもある。

日常の豊かさって人に自慢できるようなものでもないし、地味だからね。

猫を含む家族が健康で、元気に楽しく過ごせることに本当に幸せを感じているのに、

こんなんで満足しちゃダメ!みたいな気持ちがあった。

「満足したら、それ以上求めてはいけない!」なんてないのにね。

なんだろう、この感覚。

社会に染みついた思い込みでもあるんだろうな。

欲張ってはいけない。

二兎を追うものは一兎をも得ず、みたいな。

豊かさに気づけば、それは一瞬で溢れる

猫ずうちの可愛い猫ずが、旦那さんの上に乗っている図。

なんかここ数年、色んな人の発信を聞いて、お金のことも色々見てきたけど、

あんまり現実は変わっていない気がしていた。

結局、大切にしたいものを大切にしていなかった。

本当は感じたい豊かさが目の前にたくさんあるのに

そこには見向きもせず、ないものばっかり見ていたんです。

私も旦那さんも元気で、

  • 「天気がいいね」ってほっこり過ごせること
  • 「美味しいね」って笑顔になれること
  • 猫も元気で一緒に遊べること
  • 大好きな家でゆったりできること

これらの幸せを何よりも求めているくせに、

こんなことたいしたことない!ってしていた。

こんなとこにも、人の目がはびこんでいた。

人から幸せ、って思われるために、目に見えてわかりやすい結果を求めていた。

豊かさは感じなければ、ないのと一緒

私は色んなものがあることを当たり前に考えすぎていた。

当たり前にあるものなんて本当は何もなかったんです。

生きていて、この肉体が機能していることだって当たり前じゃない。

「はたらく細胞」を見ると、まじで体に感謝湧きますよ!

この少女は、血小板ちゃんね!血小板なかったら、血が止まらないから!

あと、家で過ごす時間を何よりも大切に思っているくせに、家賃払う時に

「たけーよ!」って文句言ってるのも辻褄あわないよね。

文句言うのはいいけど、受け取っているものをスルーしてちゃダメだね。

すでにある豊かさを感じていなかったら、これ以上の豊かさは入ってこない。

だって、今ある豊かさをないものとしているんだから。

大切にしたい日常の豊かさに気づいて、それがあるって感じたらすごい満たされた。

ああ、私はすでに理想の世界を生きていたんだ

って本当に思えた。

いやまじで、私「感謝」とか「願いは叶っている」とかケッ!みたいに思ってましたからね!

欠乏から求めることと、満たされて求めることは全然違う。

今満たされている上で

私は日常の豊かさのレベルを上げたいなって思います。

さきこさんのこちらの記事も参考に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です