お金

借金の罠にはまり、自分の存在価値を思い出す。

借金の罠

こんにちは、羽山香苗です( ・∀・)ノ

ちょっと間があきました!

先週から週に2~3回くらいでパートを始めたので、慣れないことしてちょっと疲れた。

でも精神的な負担が全然ないので、働きやすいです。

あんなに働くの怖かったのにね。

そのことはまた書くとして、今日はお金の不安と私の最近のテーマが重なっていたのでそのことについて書いていきます。

借金を増やしてしまう自分に罪悪感を感じていた私

私は今、100万以上借金があるのですが、少し前から膨らんだ借金に悩んでいました。

もちろん、全部自分が好きに使ったお金ではないので、私だけが責任を感じることではない。

でも、この現実を創ったのは私。

この現実は私に何を教えてくれているんだろう?

って考えて、借金と心の関係をめっちゃ調べた!

仁さんのこの記事に思い当たりすぎて、めっちゃ撃たれた

借金関連で苦しんでるひとは
なんなのかと言えば

「返さなければ」と常に思ってる
「提供しなければ」と常に思ってる
「迷惑かけてはいけない」と、常に思っている。

 
つまり
 
「役に立たなければ」
「恩返ししなければ」
「お返ししなければ」
の強迫。

そうでないと
「大変なこと(迷惑かけて嫌われる)になる」

ひとことで言うと
「受け取り下手」

「受取り拒否ぴーぽー」
借金という「罪」を背負いたい変態!

 
ゲローゲローゲロー

いや、まじで当たりすぎてグサグサきました。

特に私の場合、

「役に立たなければ!」

ここらへんの「価値を提供しないと!」とリンクする。

役に立たないといけないと思っていたらから、そのままを自分を認められていなかったし、

役に立たないとお金をもらっちゃいけないと思っていたから、自分ビジネスも苦しくなったしね。

「ただ受け取る」ことができなかった私

確かに私は、「ただ受け取る」が苦手だった。

  • もらったら返さないと
  • もらったものに見合うものを返さないと

だから、「返せないからいりません」って無意識に思っていた。

こう思う根底には、「私なんて」がある。

私が私の存在価値を感じていないから、

何かをして返さないといけないと思っている。

仁さんも上の記事で書いているけど、

私は「存在給」が低かった。

存在給については、この記事で書いてます。
頑張りすぎて疲れた人は、まず心と体をゆるませよう

今回の借金が教えてくれたのは、

自分の存在価値を思い出せ

ってことだと思うんだよね。

ダメな自分を認める。

そのままの自分を認める。

最近意識していたことにつながった。

借金は人の優しさにも気づかせてくれた

私の借金は、クレジットカードのショッピングリボと分割、カードローンなんですね。

これってそれぞれ期限があるじゃないですか。

先月末の支払いはできませんでした。

当時はパートもしていないし、個人事業主って言っても休んでるから、世間的には専業主婦なわけです。

新たに借りるところもなかったからね。

返そうと頑張ることはしなかった。

滞納すると、すげー催促されるのかなって恐怖があったけど、そんなことありませんでした。

さすがに滞納して放置するのは、安心できないので連絡はした。

そしたら

「〇〇までに払ってください。払えなかったら、また連絡してください」

って。

あれ?優しいやん!

おねがいおねがい

まあさすがに、2,3カ月以上滞納してたら、連絡してても言われるかもしれないけどね。

私が外で働くのが怖かったのも、人が怖いっていうのがあることに少し前に気づいた。

世界は怖くて、人も怖いって思ってたら、そりゃ不特定多数の人と関わるのは嫌だよね。

これも、なんでか思い当たるんです。

私が私に対して厳しかったから、世界が怖かった。

私が私に対して、否定する部分が多かったから、自分も否定されると思っていた。

やっぱり、私が私に対してどう接するかが世界に現れる。

自分を責めることもへったから、働いてみようと思えた。

自分を守る!って誓ったから、やってみようと思えた。
私が私を守ってあげなくて、誰が私を守ってくれるんだ!

ささいなことだけど、この前も仕事先で

「エアコン寒いんで、温度下げていいですか?」

って言えた自分が嬉しかった!😭

言えなかったとしても、気づいてあげるだけでも違いますからね。

自分の声を細かく聞けるようになってきたことが本当に嬉しいです💕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です