私の人生

個人事業主になりました!超絶敏感な私が、自分ビジネスで生きていくと決めるまで。

個人事業主になりました

開業届を提出し、晴れて個人事業主になりました!

こんにちは、かなえ(@kanae.life)です( ・∀・)ノ

八木さやちゃんの「自分ビジネスオンライン講座」の配信どおりに書いたら、めっちゃ簡単でした。

税務署の提出も数秒で終わった。

行為自体は簡単だったけど、覚悟が整わなくてすぐには行動できなかった。

そんな葛藤をしるしていきます。

自分ビジネスをしようと思うまで

私は昨年の4月に勤めていたパートを辞めてから、ずっと働いていません。

専業主婦でした。

🚩【後者の生き方】後者は働かなくていい、って本当?を実験中

別に旦那さんの給料だけで十分だったわけではなく、
お金は全然足りてませんでした。

親に借りたり
クレジットカードの分割払いにしたり
カードローンで借りたり

色々しながら、なんとかやってきました。

そこまでしても、働きたくなかった!

🚩【後者の生き方】私が働きたくなかったのは、やりたくないことをしたくなかったからだった

実は、昨年の8月から今年の3月くらいまではね、

アドセンスの収益が2~3万円あったので、だいぶ助かってました。

しかし!

Googleのアップデートにより、今年の3月に順位が激減!

それに伴い、アドセンス収益も激減してしまい、

このままブログだけで稼ぐのは難しいと思った。

最初の頃は本当にブログ書くだけで、楽しかったんです。

だけど、だんだんブログ書くのに慣れて飽きてきて、それでも何もせずにいたから、収益落ちたんだと思う!

かなえ
かなえ
本当はやりがいのある仕事がしたいって思ってたからね。

私、子宮推命でも飽きっぽい星をいくつか持っているので、飽きっぽいんですよ。

あのまま、アドセンスの収益上がってたら、
子宮推命鑑定士になろうなんて思わなかったと思う。

🚩私が子宮推命鑑定士になろうと思った理由。

自分の喜びのために行動してから、変わっていった

パンドラライブ
真ん中のオレンジのキャミがはあちゃん先生。かわいい💕私その後ろの後ろだね。

なんで私、こんなに働きたくないって思うんだろうって考えてたんです。

この1年は働かないプラス
電車に乗らない生活でした。

セミナーとかにも行ってなかったし、バイクか車で移動できる範囲でしか行動してなかった。

旦那さんと一緒のドライブなら、県外(神奈川県)にも行ってたけどね。

久しぶりに人が集まっている所へ行こうと思えたのが今年の5月。

パンドラライブでSPEEDのダンスを踊るって企画がありまして。

 

踊るのは好き。

そういえば、昔SPEED好きだったな。

自分の喜びのためだけに、お金とエネルギー使おう、って思った。

ここで、エネルギーに火がついて進んだ気がします。

自分のために行動できた

ってことと、そのSPEEDのダンス自体でワクワクのエネルギーがめっちゃ出たからね。

その頃子宮推命のDVD買って、鑑定士になりたいって思ってたけど、30万ですよ、30万。

普通の家庭の専業主婦にはなかなか難しいよね。

いつかのインスタライブで舞ちゃんが言っていた。

「子宮推命のDVD欲しいけど、買えないって声が届くけど “そうか~” しか言えない。」

でも、私は絶対欲しかったし、鑑定で取り戻す!

って思ったから専業主婦でも借りれるカードローンに申し込んだ。

ぴったり30万借りれた✌

旦那さんにはちくちく言わましたけどね。

「そんなお金あるなら、生活費にしてよ!」って。

私は、超絶敏感人間だった

前述のパンドラライブで久しぶりの電車&人ごみ外出をしてわかったんです。

私、超絶敏感人間だ!

ライブ中(2時間)は楽しかったけど、終わった途端、1人になりたくて仕方なかった。

さっさと着替えて、1番かって思うくらいさっさと帰った。

私は子宮推命で「傷官」という遊び心の星を持っている。

こちらで自分の命式が調べられます。
命式をチェック

 

「傷官」の特徴
  • 繊細・敏感
  • 感受性が豊か
  • 美しいものが好き
  • センスがいい・感性が鋭い
  • 感情の起伏が激しい

そして、「HSP」はご存じですか?

HSPとは

Highly Sensitive Personの略。

「ひと一倍敏感な人」のこと。

私そのワードを知った頃、チェックリストとかしなくても、

自分は絶対HSPだって分かってた。

でも、今回の外出で思ったんです。

かなえ
かなえ
私HSPというより、エンパスかもしれない

エンパスの定義とか全然知らなかったけど、ふと思ったんです。

私、自分は感情の起伏が激しいくせに、付き合う人にはそうであってほしくない。

今までの人生で私が深く関わっている人間、

母親・旦那さん・親友

この3人は共通して快も不快も感情が表面に出にくい人なんですね。

旦那さんは唯一、怒りは出すけど🔥

相手の感情が自分に移るっていうのかな。

喜びはいいけど、相手の悲しみとか怒りもスポンジのように吸って、同調してしまう感じ。

だからか、私残虐なシーンがある映画とかゲームもダメだし、家畜のと殺とか犬猫の殺処分の話とかもダメ。

と殺の現状を知って、まじで1回完全ベジタリアンになったこともあった。

猫なんて私は大好きでただでさえ共感してしまうから、殺処分の現状とかを知った時はまじで数日暗いまんまだった。

今は里親活動はしていないけど、15年前くらいは保護した猫の里親を見つけて、って10匹くらい里親に出したこともある。

エンパスかも、っていう気づきが自分の今ままでの生きにくさを証明してくれた。

敏感な私には自分ビジネスしかないと思った

開業届け開業届を出した日のストーリーズ。

 
ここまで敏感だとね、そういった人と関わりながら自分を保つって難しいと思うんです。

雇用される職場だと人を選べないでしょ?

もし上司ががみがみ文句言う人とかだったら、私すぐ辞める。

私はその場から逃げる、辞めるって選択は結構簡単にできます。

けどこれ、「こんな風に感じる私が悪いんだ」とか自分を責めるタイプの人だったら、まじで辛いよね!

自分ビジネスだと、関わる相手が選べますよね?

何かを外注するにしても、自分が好きな人に頼めばいい。

嫌なお客さんには、金輪際関わらなければいい。

そして、八木さやちゃんが言うように、自分ビジネスなら「引きこもり」でやることも可能。

HSPとかエンパスの人って意外といるらしいから、そういう人は絶対自分ビジネスの方がいいと思う。

もしくは、在宅勤務とかね。

この自分の敏感さを自分で改めて自覚して、やっぱり私には自分ビジネスしかないと思い覚悟が決まったんです。

さいごに

もう意識してなくても、相手の感情が入ってきてしまうんですよね。

でもこれ、私の場合は「人として認識した人間だけ」

知らない人は、私にとってはただ動く物体。

人として認識されていないので、よほど強い感情を出していない限り大丈夫。

これも最近気づいたこと。

自分って奥が深くておもしろい。

それが自分ビジネスの醍醐味ですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です