子宮推命

子宮推命で自分の性質を知る。子宮推命における十干(じっかん)とは。

十干とは

自分のことって意外と自分で分かっていなかったりしませんか?

こんにちは、羽山香苗です( ・∀・)ノ

フォローしてね😘
インスタはこちら
facebookはこちら
 

去年から四柱推命がブームなのですが、最近は假屋舞ちゃんが提唱する子宮推命にはまっています。

舞ちゃんの独特な感性が好きで、ブログやインスタライブなど結構見てます。

その中で子宮推命の十干の大切さに気付いたので、それをお伝えします!

子宮推命における十干(じっかん)とは

命式、十干

こちらが私の命式で、十干とは左上に丸がしてある部分を指し、10種類あります。

こちらで自分の命式が調べられます。
命式をチェック

十干の隣に書いてあるのが十二支で、合わせて「干支」(かんし)と言います。

四柱推命を調べている時にこの「干支」は結構大事だよ、って聞いていたんですが、今回その大事さがわかった感じ。

四柱推命は「陰陽五行説」を基本として発展してきた学問です。

 

五行とは、「木・火・土・金・水」

(もっかどこんすい、と読むと覚えやすい)

そこに、それぞれ+と-の2種類があり、10種類になる

五行図

陰陽五行説だけでも面白いですよ。

四柱推命でも、自分の両隣の性質とは相性がいいみたいです。

私の場合は、「水」なので、金の人や木の人と相性がいい。

十干の10種類をみてみる

十干

こちらが十干の10種類です。

かなえ
かなえ
自分でパワーポイントで作ってみました。わかるかな?

上に書いてある方が「+」で、「〇〇え」ですね。

  • 木+→大木 木-→草花
  • 火+→太陽 火-→月
  • 土+→山  土-→畑
  • 金+→鉄  金-→宝石
  • 水+→海  水-→雨

すべて自然界にあるものです。

ご自身の十干が何かわかりましたか?

そこから自分で想像したものが、自分自身にも当てはまります。

自然界のそれからあなたが感じるものがあなたです。

自然界のエネルギーから自分を知る

例えば、私の場合は「海」です。

十干の特徴をわざわざ調べなくても、海を見て私が感じることが正解。

  • 海って穏やかだよな~ ⇒ 確かに私も基本穏やかだな
  • 海って止まらないよね ⇒ だから私も止まっているとダメかも
  • 海って広いよな ⇒ 私も結構心は広いと思うんだよな
  • 海って制限したり、捕えることってできないよね ⇒ だから私は束縛が嫌いなんだ~

こんな感じで、自分を見つめなおすのに使うといいと思うんです!

十干はその人の本質だから、私は海みたいな人。

海から自分が感じるものを目指せばいい。

私は中学生の頃から、なんか落ち込んだりすると海を見に行っていたんですね。

ただただ海を見ていると落ち着くから。

自分の本質だったからなんだな~、って今になって納得してます。

自分の本質を知り、他のものになろうとしなくていい

私がこれを知った時にいいな、って思ったのは、

誰かになろうとしなくていい

ってことです。

私は昔から人と同じようにできなかったり、社会になじめなかったりして結構生き辛さを抱えていました。

「できない」ということに対する劣等感もすごくて、人と比べることも多かった。

劣等感
強い劣等感の裏には「優越感大好きー!」があるこんにちは、羽山香苗です( ・∀・)ノ フォローしてね😘 ⇒ インスタはこちら ⇒ facebookはこち...

どうしても目立つ人や成功している、と思われている人と比べてしまっていた。

でも十干のことを知り、自分が「海」だとわかったことで、自分の持ち味を再発見できたんです。

「火+」の太陽の人や「火-」の月の人ってきっと周りを照らすような人だと思うんです。

あと、太陽や月って地球上どこからでも見えるわけで、存在感があるよね。

そういう人に憧れたことも正直ありました。

でも、自分は照らす役目ではないから。

そこは手放して、「海」として自分らしくいれば、人を元気づけることもあるかもしれない。

子宮推命の假屋舞ちゃんの話を聞いていると、自分だけ見ればいいんだってすごく納得したな。

自分の性質を活かすことで、自分らしく輝ける

そう、こうやって自分の十干を知ることで自分の本質を知り、それを活かすことで自分らしく輝けるんじゃないかな、って思う。

今人生うまくいっているなら、そのままでいいけど、なんか停滞してる気がするなら、見つめなおしてみてくださいな。

私は最近停滞している感じがあって、

「海」のことを考えた時、自分に制限をかけているのが原因かもな~、って思った。

こういうのも、自分がそう思ったならそれが正しい。

あとね、性質的に自然と都会、どっちがいいかもあるそうです。

  • 自然を必要としている ⇒ 甲・乙・戊・己
  • より便利に進化していきたい ⇒ 庚・辛
  • その中間 ⇒ 丙・丁・壬・癸

私はどっちも必要だから、都会である横浜に住みながら「自然がある所に出かける」という方が合っていたんです。

4年前くらい、山口県に住んでいたことがあったのですが、自然すぎてダメだった。

「自然がいっぱいの所に住んで、たまに都会に行く」っていうスタンスは私の場合無理でした。

自然を必要としている人が、都会に住んで全然土とか緑とかに触れ合う機会がなかったら、きっとエネルギーもチャージできないんじゃない?

鉄(庚)や宝石(辛)の人が、自然いっぱいの所に生まれたら都会に憧れるんじゃないかな。

好きなもの、嫌いなもの、魅かれるものも人によって違う。

だって、本質がこんなに違うんだから。

太陽の人っていいな~、って思うんだったら、何に魅かれているのかを自分に問い、その部分だけを取り入れてみたらいいんじゃないかな。

私はもう太陽や月には憧れない。

だって、海って生命の始まりでしょ?地球上でもっとも多いでしょ?

だから、生み出すことや影響を与えることが私の役目かもしれない、って思うから。

さいごに

とにかく自分の「海」の性質しか書いてません( • ̀ω•́ )✧

ご自身の性質のエネルギーをぜひ感じてみてくださいな。

Lineお友達登録

💎羽山香苗のお友達登録はこちらから

ブログの更新情報や、イベント情報、その他つぶやきも配信するよ💖

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です