自分を大切にする

不快を我慢しない。不快を放置しない。

不快を我慢しない

不快なことを我慢するのがクセにになっていませんか?

こんにちは、かなえ(kanae.life)です🎀

本当、日本人は「我慢体質」というか、不快に対する耐性が高いと思うんです。

🔻この記事で伝えていること

不快を放置するとどんどんわからなくなる
不快がわからないなら、快もわからない
 

我慢して、人に合わせて何の得があるの?

我慢して人に合わせることは「自分自身への冒涜」だよ。

不快を放置すると、快もわからなくなる

不快を放置することのデメリットは2つある。

  • 何が嫌だったのかわからなくなる
  • 「好き」もわからなくなる

不快と感じたこと
嫌だなと思ったこと

こういうのって

我慢すればするほどわからなくなるの!

ゴミもためすぎると、どれがゴミでどれがそうじゃないか分からなくなるでしょ。

人って基本、不快の方が敏感。

不快の方が命に関わりますからね。

危害を加えそうな人とかわからないと、危険でしょ。

そして、

不快がわからなくなると、快もわからなくなる!

最初はささいなことだと思って不快に思ったことを我慢したのかもしれないけど

だいたい我慢する人は積み重ねるの!

我慢できない人は最初から我慢しないので、あまり積み重なることがない。

だから最初が肝心。

不快なことや嫌なことに気づくことが大切

そもそも「不快だな」「嫌だな」って気づかないと、変えようがありません。

女性はだいたい「身体の感覚」が正しいです。

  • この人といると身体が固い感じがする
  • これをするとどんどん力が抜ける

身体が緊張・固くなるほうになることは「嫌だ」ってことです。

身体が「戦とう態勢」になっているわけです。

交感神経が優位になっているの。

もちろん、人生には交感神経が優位になる戦とう態勢が必要な時もある。

でも、そればっかじゃ疲れるから!

「たいしたことしてないのに、疲れた~」ってことありませんか?

一緒にいる人が嫌だったか
やったことが嫌だったか

どちらかの可能性があるよね。

無駄な力が身体に入っているんだもん。そりゃ疲れるよね。

かわいい猫を見たら、身体も心もほっこりするでしょ?

とにかく自分の不快がわからない人は、

身体の感覚に意識を向けてみてください。

「なんとなく」で大丈夫。

  • なんとなく胸がしめつけられる気がする
  • なんとなく胃が重い気がする
  • なんとなく足が重い

とかね!

日本語って本当うまくできているよね。

胸がしめつけられるってことは苦しいのね。

足が重いってことは、行きたくないのね。

わかるでしょ!

身体はちゃんと表現してくれているんです。

不快を放置しない。自分の世界を守れるのは自分だけ

不快も嫌も、

何が嫌なのか
どの程度嫌なのか

は人によって違うでしょ。

同じ人でも、生理中や調子が悪い時とかは不快にはより耐えられなくなりますよね。

だから、やっぱりちゃんと

意思表示しよう!

わたしは自分が我慢しない人なので、「相手が嫌でやっている」なんて1ミリも想像していません。

わたしが「嫌なことはやらない」人なので、

やっている、一緒にいるってことはそれを自分が望んでいるんだと思います。

わたしは雰囲気とかを敏感に感じとる人なので、相手が嫌そうな場合なんとなくわかります。

でも、「口で言っていること」や「行動に表していること」を重要視するので、そちらを採用する。

言葉のとおりに受け取ります。

言葉のとおりに受け取る人と受け取らない人の違いはこちらで解説しています。

額面通りに受け取る
言葉を額面通りに受け取る人、受け取らない人【前者後者論】世の中には言葉をストレートで投げる人と、変化球で投げる人がいるように感じませんか? こんにちは、かなえ(kanae.life)です...

「本当は嫌なんだけど、言えないから察してよ」っていうのは

傲慢ですよ。甘えです。

それくらい自分で言わないと。

自分のことくらい自分で守ってください。

子供じゃないんだから。

すぐに言えるようにならなくてもいいの。

嫌だって感じたことに気づき、それを言いたかったけど、今は言えないな。

自覚するだけでもだいぶ違いますよ。

あと、言えない時は

「ノートに書く」のがおすすめ。

自然に出てくるありとあらゆる暴言をノートに書きながら、声にも出せるともっといいよ!

本人に言えなくても、本人に言うつもりで

「ふざけるな、ボケ!💢💢💢」

ってお風呂場とか車を運転中とかに言えると、本人に言う必要もなくなることもあります。

「は?」とか「なに言ってんの?」とか不快を表す言葉って、言い慣れてないと言えないんですよ~( ˘•ω•˘ )

わたしは33歳くらいまで言ったことなかったから、最初思ってるのに

自分ひとりの場所でも言えなかったんです~。

自分ひとりで完結するものから取り組むのがおすすめ

人に対して「嫌って言う」とか断るとかは、それまであまりしてこないとハードル高いです。

特に面と向かって言うのは。

だから、まずは

自分ひとりで完結するものから取り組むのをおすすめします。

それにはやっぱり「五感の不快」を取り除くといい。

  • 本当は肌触りが心地よくないものを着てたり
  • 食べたくないものを食べていたり
  • うるさいのが嫌なのに、我慢してたり

五感の不快についてはこちらでも解説しています。
関連記事自分を大切にするとは、自分の身体の欲求を大切にすること

身体の欲求を大切にしよう!
自分を大切にするとは、自分の身体の欲求を大切にすること「自分を大切にしよう」ってよく聞くけど、具体的にどういうこと?って思ったりしませんか? こんにちは、かなえ(kanae.life)...

自分の不快に敏感になると、人間関係の不快にも耐えられなくなります。

我慢していると、我慢って本当できるんだけど、

我慢しないと、どんどんできなくなります。

わたしは元々我慢ができない人で、理不尽にも耐えられないので

組織で長く働いた経験がありません。

正社員なんてなったことないし、なろうと思ったこともない。

自分のことを「社会不適合者」だと思っていたけど、

理不尽に耐えられない人は社会に適合しにくいよね。

社会や会社があまりにも理不尽だから、ニートになったり引きこもりになったりしている人もいるんじゃないかな。

とにかく、自分の世界を守るためには「不快を排除する」勇気と心構えが必要。

なんとなく生きるの、やめませんか?

まとめ

我慢していいことって本当にあるのか、考えてほしい。

その場は丸く収まるのかもしれないけど、結局変わらないからね。

それに、我慢する人は他人にも我慢を強いるから。

本当面倒くさい。

かなえ
かなえ
もっとラクに生きよう✨

 
関連記事▶︎▶︎人生つらい時は、まずは自分の不快に敏感になろう

記事が役に立った!、面白かった!という方は、応援していただけると、とても励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。