自由への挑戦

自分を大切にするとは、自分の身体の欲求を大切にすること

身体の欲求を大切にしよう!

「自分を大切にしよう」ってよく聞くけど、具体的にどういうこと?って思ったりしませんか?

こんにちは、かなえ(kanae.life)です🎀

わたしも以前はぜんぜんわかりませんでした。

「自分を大切にする」って、

  • 自分の身体
  • 自分の気持ち
  • 自分の欲求

これらを大切にすることです。

今回はその中でも、一番取り組みやすい「自分の身体を大切にすること」をとりあげます。

身体を大切にすることには、欲求も入ります。

自分の身体を大切にするとは

自分の身体を大切にするとは

  • 食欲・睡眠欲・性欲の三大欲求を大切にすること
  • 五感の感覚を大切にすること
  • 身体の機能のジャマをしないこと

食欲・睡眠欲・性欲に関してはこちらで書いています。

自分を大切にするって、食欲・睡眠欲・性欲を満たすことから自己啓発の本とかスピリチュアルの本とかを読むと、「自分を大切にしましょう」とかってよく書いてありません? 「自分を大切に」って抽象...

五感の感覚を大切にするとは

五感それぞれの不快を取り除くこと。

身体の機能のジャマをしないとは

身体の仕組みを理解し、それぞれの機能を妨げるようなことを自らしないことです。

病気でもない限り、

免疫力が低いのは、自分が下げているだけですから。

目次に戻る▶▶

五感の感覚を大切にする

五感とは

  • 視覚
  • 聴覚
  • 嗅覚
  • 味覚
  • 触覚

ですよね。

五感を好きなもので満たそうとする前に、まずは不快を取り除こう

それぞれの感覚で、自分が嫌なものって自覚してますか?

部分的なわたしの例をあげると、こんな感じ。

  • 汚いの、ごちゃごちゃしているのが嫌い
  • うるさいの嫌い
  • 化学的なにおいがダメ、香水ムリ
  • 美味しいものにめっちゃこだわる
  • 触れるものはなるべく天然素材

いろんな状況・状態によってもっとたくさんありますよ。

わたしはHSP・繊細さんなので、五感の不快には本当に敏感。

うるさい音とか、ガヤガヤした音が本当に嫌いなので、幹線道路ぞいとかは絶対に住めない。

今の家はそんなにうるさくないけど、眠るときは基本、耳栓してますよ。

五感の感覚は使わないと、どんどん鈍感になっていく。

🔻こちらの本もおすすめ。

五感の中であなたはどれが優位?

人によって、五感の中で優位なものってあると思うんです。

まずはそこから意識して、不快を取り除くのがおすすめ。

わたしは特に「不快なにおい」がダメです。

猫2匹と暮らしているのですが、うちは多分あんまりにおわないと思う。
なにぶん、自分の家のにおいってもう自分ではわからないでしょ!

猫より犬を飼っているお宅かもしれないけど、動物がいるとなんか独特な「けもの臭」があるんですよ。

わたしはあれがマジでダメ!

あのにおいの中でごはんとか絶対食べられない!

天気がいい日は、窓を全開にして換気をしつつ、猫にも優しい消臭剤をしまくる!

🔻我が家で使っている安心安全な消臭剤はこちら。

とにかく、カーテンからソファからベッドから消臭しまくっています。

五感を意識することは、自分への愛だ

五感に意識を向けることは、自分に集中していることになります。

自分に集中しているって、自分に興味・関心を持っているということ。

五感を意識し、不快を取り除く。

これだけでも十分、自分への愛だよね。自分を大切にしている。

そのうえで、五感の「心地よさ」を取り入れていけば、もっと満たされます。

何が不快で、何が心地いいかは人によって違う。

かなえ
かなえ
自分の感覚を大切にしていこう!

身体の機能のジャマをしない

身体の機能のジャマをしないというのは、

身体の良くなろう・治ろうとする働きを自らジャマしないこと。

ここで前提として大事なことを頭に入れておいてほしい。

身体は本来、治るほうに勝手に働く

勝手にです。

健康が、本来の姿なのです。

あなたが知らずになにかの菌におかされたものを食べても、身体は自ら判断し「嘔吐」という方法で出してくれます。

あなたが知らずに食べたものに有害なものが入っていた場合、身体は勝手に「下痢」としてすばやく体外に出してくれます。

あなたより、身体の方が賢い。
あなた、というよりあなたの脳かな。

あなたが何かのウイルスに感染したら、身体は「発熱」という方法でウイルスを殺そうとします。

すべてあなたの体を守るため!

ここで、「解熱剤」を使うことは身体の機能をおもいっきりジャマをしている。

そりゃ、そうですよね。

身体はせっかくウイルスを熱で殺そうと、体温をあげたのに、下げられたらたまらないわ!(`・∀・´)

発熱ってウイルスを一気に倒すのにちょうどいいと思うんですよ。

そこを「解熱剤」でおじゃんにされたら、他の攻撃部隊が大変になります。

主に白血球。

「免疫の暴走」って言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、

白血球など一部の細胞にばかり負担がかかって、本来の仕事ができなかったり、自分の細胞を攻撃したりしてしまう。

「下痢止め」ってまじで意味がわからないんです。

出すべきものを止めるんですよ!

吐くべきゲロを飲み込んでいるようなものですよ。
表現は汚いが、わかりやすいと思う。

現代医学は身体のジャマをしてばかり

基本、西洋医学は緊急時や救急の場合以外は役に立たないと思っていい。

🔻こちらの本もおすすめ。

そして、医者はこんなことわかっている。

あなたの健康より、お金なの!

本来何もしなければいいものを、薬でこじらせたら、また病院来てくれるかもしれないでしょ!

患者はカモだ。

医療行為によってもたらされた病気を「医原病」と言います。

こちらの本の著書、うつみんこと内海聡医師は、現代医学の闇を徹底的に追及してくれる貴重な人です。

薬は、病気を治すのではなく、症状を消すだけです。

症状が消えることは、治ることとイコールではない。

あなたが余計なことをしなければ、身体は治る方に向かっていくのです。

自然治癒力って聞いたことありません?

薬なんか使わなくたって、普通の風邪なら寝てれば治るでしょ。

こじらせているのは、本人なんです。

そして、こじらせればこじらせるほど、どれが原因かわからなくなってくる。

原因探しが大変になるから、放置・思考停止。もしくは、すぐに治してくれそうな変なものに飛びつく。

そんな人ばっかだよね。

症状をクスリで抑えるのではなく、経過を見届ければいいだけなの!

簡単でしょ!

まとめ

自分の身体を大切にするとは

  1. 食欲・睡眠欲・性欲の三大欲求を大切にすること
  2. 五感の不快を取り除き、心地よくすること
  3. 身体の機能のジャマをしないこと

人間は基本、いいものより嫌なものを優先します。

五感を含む身体における「不快」を取り除くことをできる範囲からしてみてください。

関連記事▶︎▶︎▶︎人生つらい時は、まずは自分の不快に敏感になろう

記事が役に立った!、面白かった!という方は、応援していただけると、とても励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。