サイト大幅リニューアル中につき一部表示が乱れていますm(_ _)m

私が働きたくなかったのは、やりたくないことをしたくなかったから【後者】

「働きたくない」って本当?

働きたくなくて、働くことを辞めた後者の私。

こんにちは、かなえです🎀

自分と向き合う中で働くことの何が嫌なのか分かってきました。

この機会にあなたのその「働きたくない」も細かく見てみてください。

飛べる目次

働くことの何が嫌かを自分に問う

働きたくない

パートを辞めてから2カ月くらいは「ただ働きたくない」って感じでした。

私はとにかく身体と心を休ませたかった。

もう自分に無理をさせることができなかった。

「派遣でもなんでも働くって言ってたじゃん!💢」って何度か旦那さんに言われたけど、結局動けませんでした。

例え旦那さんに見限られようと。

私が私の「働きたくない」を受けとめていたからか、

旦那さんとお金のことで言い合いになっても、頭ごなしに責められることはなくなってきました。

週5で働けって言っているわけじゃないよ。1日でも2日でもいいんだよ。外で働くのが嫌なら、内職とか家でできる仕事だっていいんだよ

あー、なんて優しい!( ;∀;)

私も自分に聞いてみた。

「働くことの何が嫌なの?」

私の「働きたくない」理由

働くことの何が嫌?のアイキャッチ

まず、働く上で私がやりたくないことをあげてみました。

  • 週に4~5日とか無理
  • 1日に7~8時間とか無理
  • 電車に15分以上乗っていたくない
  • お金は扱いたくない(レジとか)
  • 体力ないから、長時間とか無理
  • あんまり人と話したくない

つーか、そもそも「働きたいのか?」って感じですよね、これ見ると。

結局、私は

やりたくないことをやりたくなかった

仕事においてというか、人生において私は

「やりたいことをやる」より「やりたくないことをやらない」の方を重要視します。

「やりたくないことをやりたくない」をもうちょっとよく見てみると、

つまり我慢!

私はもう我慢したくないんだー!

今まで十分我慢してきた。

もう我慢したくない!

まずは、自分の欲求を認めてあげよう

働きたくないにしろ、
我慢したくないにしろ、

まずは自分の欲求、本音をちゃんと認めてあげることが大切。

  • 「いや~、働かざる者食うべからずだろ」
  • 「我慢しないで生きていくなんて無理でしょ」
  • 「外に出ないでお金を得るなんてできっこない」

こういう声いりませんから!

女性性の欲求をちゃんと聴いてあげることができないと、「じゃあどうしたらいいかな」っていう男性性が立ち上がりません。

自分が難なくしたことで喜ばれるなら働きたいよね

私は今、旦那さんが働いてくれているおかげで生活できています。
(貯金はないけどね!)

四の五の言わずに働けや!っていう状態ではない。
(旦那さん的にはそうじゃないのかもしれないけど・・・)

人って言葉の印象って大きいと思うんです。

私の場合「働く」っていうと、「労働」っていうイメージでやらされている感がつきまとってしまうので、この言葉は使いたくない。

自分がしたことで、喜ばれ、感謝され、対価としてお金をもらう。

これを「仕事」と定義する。

それだったら「仕事したい!」

結局我慢しなくてよくて、人の目気にしなくてよかったら、みんな仕事したくなるんじゃないかな。

だって、人間って究極与えたい生き物でしょ。

社会に貢献したい欲もあるし、自分のためだけだと退屈になってくるしね。

さいごに

私は今まで自分のことをたくさん否定してきた。たくさん責めてきた。

もうそれだけはしたくない。

自分が自分の絶対的味方であると感じられると、安心感がでて本音も分かりやすくなります。

もう自分のことは責めないで。あなたは悪くない。

「働きたくない」って本当?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
飛べる目次
閉じる