サイト大幅リニューアル中につき一部表示が乱れていますm(_ _)m

自己否定をやめると、あなたの人生はもっと楽になる【自己否定をやめる方法】

自己否定をやめると楽になるよ

あなたは自己否定が強い人ですか?

こんにちは、かなえです🎀

この記事でわかること
  • 他者からの評価ばかり求めていたら、自己否定はなくならない
  • 自己否定をしている人は、自分の存在と行為がごっちゃになっている。

私はダメだしされたくない!否定されたくない!って思いがとっても強い人でした。

人から行動を否定されると、自分の存在を否定されているように感じていたからです。

行動と存在を切り離し、自己否定してもスルーしていけば、だんだんと自己否定はやめられます。

自己否定はクセだから、気づいてそれ以上考えずにいれば、やめられる。

自己否定クセの強かったわたしが、やめる大きなきっかけになった「存在と行動の切り離し」は本当におすすめです!

*2018年9月の記事を加筆・修正して再アップ。

飛べる目次

自己否定をやめるには、他者の評価を気にしすぎないこと

自己否定が強い人って、他者からの評価を気にしぎる傾向にあるんです。

他者から評価されるためには、目に見える何かが必要でしょ?

だから、プロセスとかには目もくれず、目に見える表面的な成果を求めがちなんですよ。

結果を重視する

結果が出ることに重きをおきがち。

その結果も「自分が満足するような結果」というより、他者から評価されるような結果なんだよね。

自己否定が強い人は、自分で自分のことを認められないから、他者からの評価を求めるのはわかる。

自己否定が強い人は、承認欲求も強い人が多い。

ちなみに、「自己否定強い→承認欲求強い→恋愛うまくいかない」にいきがちだよ。

承認や評価のためにすることって自分の性質と合ってないこともあるから、それで結果が出ないこともたくさんあるわけさ。頑張ってもうまくいかないことも多い。

で、結果が出ないと

  • 結果が出せない自分=ダメな自分

また否定することになるの!

かなえ

私も散々このループはやってきた

結果と自分の存在価値はなんの関係もないんだよ!

結果を重視すると辛い理由

心理学や自己啓発でよく言われる「人を評価する時の基準」は3つあるんですね。

  • Doing 行動・努力
  • Having 持ち物・結果 ⬅学校教育はここを重視
  • Being 存在

私たちが学校や社会で評価される対象ってほとんど、持ち物や結果ですよね。

いくら努力していたって結果が出ない営業マンはダメな営業マンでしょ、きっと。

私たちはごく自然に

自分にも他人にも、出ている結果を見て判断している。

そして、その結果で自分の価値が決まると思っている。

だから、頑張り続けちゃうの。

  • 結果重視
  • 他者からの評価重視

これらを中心に生きると頑張り続けないといけないから、つらいよね。

誰かの評価を気にして頑張ってもうまくいかない。

違うんだよ!

さっきの評価基準。

  • Doing 行動・努力
  • Having 結果
  • Being 存在 ⬅ 人間が最終的に欲しがるもの

人は本来、存在しているだけで価値があるし、それを求めるもの。

自己否定している人は、「自分の存在」を認めていないから、他者に求めたくなる。

でも、まず自分が自分の存在を認めないと、母親でもない限りなかなか他者は認めてくれないよ。

存在価値ってさ、花に例えると分かりやすいですよね。

高いバラに価値があって、タンポポには価値がないなんて誰も思わないでしょ。

そこに違いがあるだけ。

自己否定をやめたいなら、存在と行動は切り離そう

自分の存在価値は、行動によって揺るぎません。

  • 何かをしたから
  • 何かを持っているから

素晴らしいわけではないの!

行動によって、結果によって、自分の価値が変わるとかないの!

生きているだけで素晴らしい。

まずは、自分が自分にそれを認めてあげるんです!

かなえ

私は生きているだけで素晴らしいんだ!

 ここまで思えなくてもいいから、「素晴らしいのかもしれない」くらいでいいので、余白を作ってみてください。

そして、今までのクセで、否定しようとしても気づいたらやめよう。

「自己否定」って、クセだから!

それ以上、深追いせず、スルーしよう。

スルーする大切さは、こちらでも解説しています。

それか、思いっきり自分を褒めてもいい!

「私はよくやっている」

わたしは自己否定しそうになったら、よくこの言葉を自分に言っています。

あなたはいつもよくやっている

こういうイメージでもいいから!神でも天使でもなんでもいいから!

とにかく自分の存在を認めよう。

自分は絶対に自分を責めないと決める

私は自己否定の強い人でした。

ダメだしされると、存在を否定されていると思ってしまうことに加え、輪をかけてそんな自分を責めるから、そりゃつらい(´・ω・`)

ダメだしされるような事態は避けますよね!

行動することが怖くなっちゃいますよね。

行動するのが怖くなった、失敗するのが怖くなった

ある時私は決めたんです!

もう絶対自分を責めない!

私は私の絶対的味方でいる!

  • どんなことを感じてもいい
  • どんなことを思ってもいい

どんな自分も受け入れる。

特に私は怒ることが苦手なので、最近は意識的にムッとするようなことが起きたら言葉に出すようにしています。

「なんだ、あいつふざけんな!」とかね。

別に相手には言いませんよ。

感じていいんだってことと、感情の解放のために声にだしてます。

かなえ

怒りって一人で声に出すのも苦手だった~。

とにかく一人で練習、練習。

まとめ

結局人生で何が辛いって、自己否定ほどつらいものはない気がします。

常に常にあなたのそばに鬼教官がいて、「なにやってんだ!」「だからお前はダメなんだ!」って言われ続けたら精神まいっちゃいますよね。

自己否定が少なくなってくれば、エネルギーに余裕ができてやりたいことに向けられるようになります。

とにかく自己否定をやめましょう!

あ、自己否定しちゃっても今は仕方ないよ!

関連記事 やりたくないことをやめることは、やりたいことを探すより大切な理由。

サポートのお願い

記事が役に立った!、面白かった!という方は、サポートしてくださるとめっちゃ喜びます。

\ 100円から可能です!/

自己否定をやめると楽になるよ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

飛べる目次