サイト大幅リニューアル中につき一部表示が乱れていますm(_ _)m

食べたいものがわからない時は、自分に優しくすることから始めよう

食べたいものがわからない時は

最近何を食べたいかよくわからない。

おなかはすいているんだけど、食べたいものが思い浮かばない。

そんなことはありませんか?

この記事で伝えていること

  • 食べたいものがわからないのは、人の価値観を優先してるから
  • 自分の気持ちを優先してこないと、食べたいものもわからない

わたしも人の目とかを気にしてしまっていた時に、食べたいものがわからなくなりました。

だけど、自分の気持ちを感じるようにしたら、食べたいものを食べれるようになった。

あなたはきっと今まで我慢して生きていたり、他人を優先にして生きてきたのかもしれません。

女性は他人より自分ですよ。

まずは自分に優しくしてね(*˙ᵕ˙ *)

ご訪問ありがとうございます。当ブログはアフィリエイトブログです。ブログ内のリンクからお買い物いただけると、私に報酬が入るシステムになっています。情報がいいと思ったらポチっとしていただけると嬉しいです。記事の一番下に100円からの応援リンクもあります。いつもサポートありがとうございます!

 
*2018年の記事を加筆・修正して再アップ。

飛べる目次

食べたいものの前に、本当におなかすいてる?

食べたいものがわからない時は、そもそも

「本当におなかがすいていますか?」

これをまず考えてほしい。

よっぽどの重労働でない限り1日3食は食べすぎです。

食べすぎについてはこちらを参考に。

食べたいものが浮かばない時は、思い切って

  • 食べない

という選択をしてみるのはいかがでしょう。

もしくは、スープだけとかごく軽いものにする。

本当におなかがすいていない時は、目やアタマが食べたいだけだったりする。

あとは、ストレスがある時も自律神経の関係で何か食べたくなります。

本当に食べたいというより、

  • 時間がきたから食べよう
  • 見たら食べたくなった

とかだったりします。

こういう時ほど雑なものを食べがちになる。すぐ食べられるカップラーメンとかお菓子とかね。

でも、

食べたいものじゃないから満足しなくて他にも色々食べちゃったりする。

結局満たされなくて、食べ過ぎちゃったりする。

食べても満たされない人は、こちらも参考に。

時間や習慣に縛られていたら、食べたいものはわからない

食事の写真

これ、すっごく多いと思うのですが、

  • 時間がきたから何か食べよう、でも何食べよう

12時になったから、ランチだって思っても、毎日同じ日々ではないですよね。

つきあいがあって、前日の夜に食べ過ぎていたらお昼になってもあまりおなかはすいていないかもしれない。

体調や気候によっても変わるし、女性は生理周期でも変わる。

身体の声も聴かずに、時間や習慣に縛られていたら、自分の本当の声がわからなくなってきます。

自分の声を無視しつづけると、いつしか主張してくれなくなるのです。

こちらの本もおすすめ。

他人を優先していたら、食べたいものなんてわからない

食べたいものがわからないってささいなことですが、

食べたいものがわからない人は、日々自分の気持ちに向き合うことが少ないんじゃないかな。

自分がどうしたいかより

  • 時間
  • 習慣
  • 他人の価値観

これらを優先していたら、食べたいもがわからなくなるのも当然のこと。

つまり、食べたいものがわからないのは

自分の気持ちをごまかしてない?

自分の気持ちを我慢してない?

自分の心と身体に優しくしてる?

ってこと。

  • 自分の本音を大切にしてる?

ってことです。

食べたいものがわかるって、体への意識が必要。

食べたいものだけじゃなく、日々の選択に対して自分の心や身体の声を聴かず、他人や世間の価値観で選んでいたら直感力は育たない。

食べたいものを選ぶって日々の選択と決断。

日々の訓練の繰り返しです。

今分からなくても大丈夫。

少しずつ感覚を取り戻しましょう。

食べたいものがわからない原因と対策はこちらでも解説しています。

まずは、自分の心と身体に意識を向けよう

内向きと外向きの図

自分の意識が外向きと内向き、どちらが得意かは人によって違います。

女性の方が内向き、男性の方が外向きの方が得意な人が多いでしょう。

私は圧倒的に「内向きの意識」の方が得意です。

女性で後者だからっていうのもあるのかな。

あと、ふーん族の方が意識が内に向いている気がします。

関連記事 心屋仁之助さんの「めっちゃ族」「ふーん族」の話は夫婦のすれ違いをなくす大切な話。

私は、逐一意識を自分に向けてどうしたいか聞いています。

でもこれって結構エネルギー使う。

時間も手間もかかります。

だけど、世界で一番大事な自分のために、

自分の幸せのためにエネルギーを使ってほしい。

そんなことしている時間も暇もないって人は考えてみて。

1日24時間。1日だけでもいいから、30分単位くらいで何をしていたか書き出してみてください。

書き出した後で、眺めてみて。

それって全部本当にやりたいこと?

あなたがやらなくちゃいけないこと?

余談ですが、こちらの本は時間を24粒のしずくとして捉え、無駄にした1粒は二度と戻ってこないことから時間の大切さを説いています。

時間は意識しなければ、どんどんなんとなく過ぎ去ってしまいます。

あなたの時間は

やりたくないこと、必要がないことで埋め尽くされいてませんか?

やりたいことをやる前に、やりたくないことをやめる方が大切です。

食べたいものを食べる前に、食べたくない時に食べていないか、食べたくないものを食べていないかチェックしてみて。

食べたくない時に食べていたら、食べたいものもわからなくなるよ。

自分の欲求を大切にしよう

意識が外に向いていることが多い人は、まず意識を自分に向け、

日々の選択を一つずつ細かに自分に聴いていくようにしてみましょう。

  • 食べたいものを食べる
  • 食べたくないものを食べない
  • 飲みたいものを飲みたい時に飲む
  • トイレに行きたい時に行く
  • 眠かったら、眠る

生きていくのに必要なこれらの欲求に対してちゃんと答えてあげよう。

行きたい時に自由にトイレにも行けない職場ってどうなのよ、って私は思いますがな。

ちなみに、自分へ意識を向ける訓練として「自炊」は最適です。

まとめ

自分に意識を向け、常にどうしたいのか、何が心地いいのか聴くことって死ぬまで続くこと。

でもそうやって自分が自分に優しくしてあげていると、世界もあなたに優しくしてくれる。

人の機嫌はとらなくていい。

自分を最優先にして生きてみましょう!

関連記事 私がなんとなく満たされないのは、食べたいものを食べていないからかもしれない

サポートのお願い

記事が役に立った!、面白かった!という方は、サポートしてくださるとめっちゃ喜びます。

\ 100円から可能です!/

食べたいものがわからない時は

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

飛べる目次
閉じる